関東ドッジボール選手権大会

2018年12月2日

関東ドッジボール選手権大会


各県の強豪が集まる大きな大会に、

埼玉第一代表として参加しました。

初戦は親交のある新町元気丸さん。

序盤月越のペースでしたが、なかなかアタックが決まらず、

次々と内野人数を減らされていきます。

6年生という柱を失ったチームは、

新町さんの勢いに飲まれたまま敗退となりました。

続く2戦目はツナマヨネーズさんです。

3戦目は、夏の全国で準優勝した隼'eightさん。

接戦の末、引き分けで予選2位で決勝トーナメントに進出しました。

1試合目・2試合目で、相手内野数を削っていた大切さが身に染みます。


決勝トーナメント初戦は桜川ドッジボールクラブさん。

ここでも主要メンバーを削られ、苦しい試合となりました。

しかし、見事なパス回しとアタックで、みるみると巻き返していきます。

残念ながら、わずか内野数1差で敗退しました。


先日、OBの保護者の方からいただいた、

“このままでは勝ちきれない”というメッセージ。

その意味を選手自身が考え、見つけてほしいと思います。


大会関係者の皆様、審判の皆様、

対戦していただいたチームのみなさま、

ありがとうございました。


we are STORM!


ブログ担当 T母

月越ストーム

埼玉県川越市で活動している 公式ドッジーボールクラブ 月越ストームのブログ

0コメント

  • 1000 / 1000